瞬間的に2対1を作る

ボールを持った選手、持っていない選手が重なった瞬間にパス交換する「スイッチ」。このプレーの目的は瞬間的に2l1劾而を作ることにある。 ボールを持ってる選手が味方に向かっていく。そのとき、ボールを持っていない選手は、ボール保持者に引きつけておいて、足の裏で背後に走った選手にバス。普通は背後でボールを受けるが、前でボールをもらうパターンもある。足の裏はボールを離すタイミングを調節しやすいので、スイッチには最適だ。 <h4>相手に読まれたら止める</h4> スイッチをするとき、気をつけなければならないのが、相手に読まれているのに、パスを出してしまうこと。もしもインターセプトされると、2人同時に世き去りにされることになる。 DFの動きをよく見て、もしもパスを読んでいると感じたら、起の事で後ろに落とすフリをしてから、前に押し出してドリプルで迎んでいこう。 最初から「スイッチをする」という一つの選択肢しか頭になければ、相手に読まれてしまうと対応できなくなる。どんなプレーをするかをイメージしながらも、ダメだと感じた瞬間にプレーを変えられるようになろう。 CHECK1  昧方向士が近づく 右サイドでボールを持った選手が動きはじめて、ボールを持っていない左サイドの選手が距離を詰める。自の前にはそれぞれマークがついている。 CHECK2  ポールを受け渡す 2人が交差したタイミングで、ポールを持っている選手が足の裏で背後の昧方に落とす。相手はマークの受け渡しが間に合わない。