シチュエーション ワンツーの止め方を教えて!!

劇的アドバイス➡大事なのは〝視野″ボールより人を見る。

■ワンツーの対処法 ワンツーをする前のスタート 底にいる敵から右サイドに開いた敵にパスが出る。 逆サイドの敵が真ん中のスペースに入ってくる 。

×ワンツーをされてしまうパターン

敵が真ん中のスペースに入った敵にパスを出したとき、 ①がボールだけを見るとワンーをされてしまう 。

ワンツーを止めるために大事なのは“視野”です。サイドの相手選手が中にパスを出したとき、マーカーは横に移動するポールに気をとられてしまいがちです。この間にサイドの:選手に裏を取られてポールを通されるとワンツーをされてしまいます。サイドの選手が真ん中にボールを出して、ワンツーをしてきそうなときは、ポールよりも人を見ることが大事です。ボールは横目でとらえながら 、縦に走るマーカーをつかまえます。 リタ ンパスのコースに入っておけば、パスカッ卜からのカウンターを狙えます。相手はワンツーで前に出ようとしているので、得点のチャンスです。もしも、ワンツーをされてしまったときは、真ん中の選手は自分のマーク を捨てて、裏に抜けてきた選手がフリーでプレーできないようにします。フットサルではワンツーは有効な戦術なので、止め方も覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です