インプレーのように攻める

高い位置のキックインであれば、どのチームもゴールを狙うという意識でプレーすると思います。ところが位置がハーフ辺りまで下がると途端にゴールを狙う意識が薄れて、短いパスを味方に繋ぐだけ…というチームはよく見かけます。しかし、ハーフ付近のキックインは相手の警戒心も高い位置に比べ弱くなっているので、実は仕掛けどころでもあります。

右サイド、ハーフ付近のキックインの場合、ピヴォの位置に一人、キッカーと同じ高さに横並びに2人がポジションをとります。

キッカーからのパスを隣の選手はスルーをし、そのままゴール前右側のスペースに走り込みます。その際、ピヴォの位置に居た選手はボールに合わせて左に流れ、マークを引きつけます。すると、左サイドでボールを受けた選手からゴール前に走り込んだ選手に斜めのパスコースが空くので、ダイレクトでフィニッシュまで持ち込みましょう。

敵の寄せが速く、最初のキッカーからのパスをスルーできないと思ったら、真ん中の選手はキッカーに対しリターンでパスを返し、そのボールをピヴォの足下につけましょう。空いたスペースに他の選手が走り込み、ピヴォの落としをシュートという流れも考えておきましょう。

キッカーの隣の選手はリターンをするのか、スルーをするのか判断を状況に応じて行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です