フットサルの練習の仕方と応用

フットサルだけではなく、スポーツ全般に言えることですが、練習のための練習をするのではなく、実践でどのように役に立つかということを考えながら、常に練習することが重要であるというふうに言えるわけです。常に、実戦形式のゲーム練習を想像しながら練習するということが上達するための最も基本であるという風に考えていいかもしれません。しかし一口に実践という風に言っても漠然としすぎているという風で、抽象的にこのようなイメージをして臨むことはあまり意味はなく、自分自身がどのポジションでどのような役割を果たすのかということを常に意識して考えながらプレーすることが求められているというふうに言えるわけです。実際のところ、フットサルのプロ選手でも普段の練習というのは地味なように移るという風にも聞いたことがあるような気がしますが、地味なように写っている練習であっても堅実に反復練習していくことで効果が生まれてくるというのが基礎練習であるという風に言えるでしょう。このような意味では体力付けのために走り込みをしたりシュートの練習をしたり相手を抜き去るようなミニゲーム練習をしたりするなどして基礎的な判断力や体力筋力などを上げるということもポイントである、という風に言えるのではないかと考えられます。実際のところ社会人になってからフットサルを始めたり健康のためにフットサルを始めたりという人にとっては機敏に動くことが過酷に感じることもあるかもしれません。そのような場合にはまず第一にきちんとトレーニングをするというのも候補に入れてみてもいいのではないでしょうか。フットサルは厳しいスポーツではないかもしれませんが、怪我をしないようにするというのも一つ考えておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です