ボールを受ける際の考え方と行動

ボールを受ける際には、きちんとボールを押し出すイメージを持ち続ける事が重要で、蹴り終わった後には、足が踏み込んでいる状態にリリースされることが重要であるという風に言えるでしょう。そして、何よりもボールを事前にキープしておいた際に、パスをする際やシュートをする際に、味方に一瞥をして一体どのような状況になっているかという空間把握をしておくことが何よりも重要であるというふうに考えられるわけです。フットサルではサッカーよりも距離が短いため、パスやシュートが簡単であるという風に言われることが多いわけですが、決してそのようなことはなく、非常に細かなシュート精度が要求されるという意味ではむしろ難しい部分の方が多いという風に言えるのではないかと考えられます。そして、パスをする際などには、どんなに相手が迫っていたり、知り合いの時でも軸足をボールのすぐそばに置いておくことが重要だと言えます。このようにしておくと、相手にパスをする方向を悟られにくいだけではなく、十分に力を伝えてパスをすることができるからだと言われているわけです。軸足がボールの後ろにある場合だと、体の力を十分に伝えられないほか、上半身が仰け反ってしまうため、安定してパスを行うことができません。一方で軸足の1がボールよりも前にある場合だと前かがみになってしまいますし、十分にボールをコントロールするだけの判断ができなくなってしまうということになるわけです。このように下半身の姿勢や、下半身の使い方または軸足をどこに置くかという位置について言えば、サッカーよりも非常に厳密に考えなければならないということは確かに言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です