ドリブルによる攻撃

ドリブルのうまい選手がいれば、チームにとって大きな武器になりますが、ワンデイ大会で時折見受けられるのが、自陣内攻撃開始早々から1人でドリブルして行ったり、相手が集中するところへ無理にドリブルでボールを持ち込んだり、といった無茶なドリブラーがいることです。ドリブルのうまい選手を本当に生かすには、周りの選手が勝負しやすい状況を作ってあげることが大事です。例えば、右サイドからのドリブルがうまい選手であれば、“左サイドで攻撃するぞ”と見せかけて、相手マークを左サイドに集めておき適当なタイミングで右サイドのそのプレーヤーにパスするといった具合です。右サイドはマークが薄くなっているので、ドリブルで仕掛けるスペースがたっぷり確保され、ドリブルを得意とするプレーヤーにとっては、“待ってました”という状況になります。当然相手マークも出遅れているので、ドリブルで前線へ持ち込んでいくことが可能となります。ドリブルは攻撃の重要な一要素ではありますが、無理して相手陣内に突っ込んでいった場合にボールを奪われた時は一気に窮地に陥るというリスクを負っているということも忘れてはいけません。チーム全体でリスクを減らせるよう協力していくことが大事です。初心者はドリブルというと、1対1で止まってフェイン卜を使って仕掛けるというイメージが持ちがちですが、ボールを足元に止めてから仕掛けるのは、マークしている相手プレーヤーよりも上級でなければうまくいきませんし、スピーディな攻撃パターンを遅らせてしまうことにもなるので好ましいことではありません。ドリブル突破率を劇的に上げるテクニックが、ファーストトラップでボールを動かすこと。例えば、縦に突破したいときはボールが来る前の予備動作で中に体を向けておき、相手が中にドリブルすると読んで寄せてきたところで、ファーストタッチで縦にボールを転がします。これだけでドリブルでの突破効果絶大です。トラップで相手をかわすことができれば攻撃のスピードを止めず、難しい技術も必要としません。ボールを動かしながらプレーすることを、常日頃心掛けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です