ターンでの相手のかわしかた

フットサルでも、サッカーでもかっこいい技術としてあげられることが多いのがボールをキープした状態で相手が来た場合にターンをして交わすというような場面かもしれません。実際非常に難しい技術が要求されるという風に、はためか等は見えそうですが非常にシンプルで軸足を動かさないようにして利き足の足でボールをキープしたまま転がすだけで相手を抜き去ることができます。フットサルやサッカーでは相手がどのように体重移動したかということを見てから、本気出す場合が多いためターンのような体重移動が読めないような動きに関しては、相手がついてこれない場合も多いわけです。特に、フットサルでもトップスピードを出してドリブルしていた場合などに利き足できちんとボールを止めてターンすることができるはずで、複数の相手がついていたとしても、上手くかわすことができるという風に入れるわけです。重要なのは、ターンする際にキープしているボールの前に効き足を置いておいて足を軸にして改善していくというような基本を守ることが重要であるという風に言えるでしょう。そして、相手と体が上手く入れ替わるように素早く方向転換をするということもポイントである、という風に言えるのではないでしょうか。このようなフェイントとも言える動作は、フットサルでは、特に重要度を増しているという風に言ってよくサッカーなどのように相手と相手が離れている場合には、フェイントなどが重要な場面はそれほど多くはないというふうに言えるわけですが、基本的にはフットサルの場合には相手が近いことが多いため、常にボールをキープしてフェイントをいつかけるか、というような風に考えておかなければいけない点は、難しいところであるという風に言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です