右サイド高位置からのキックイン

右サイド高い位置からのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。相手がゾーンの場合、ポジショニングは、③がキッカーの斜め後ろ、④は左サイドの奥、⑤はゴール前に立ちます。そして、③が動き出します。②は③の走り込むタイミングに合わせてマイナスに軽く出す。これを③がダイレクトでシュー卜。③が動きだす。②は③の走り込むタイミングに合わせてマイナスに軽く出す。これを③が足裏でトラップして敵⑤をかわしシュート。マンツーマンの場合は、最初のポジショニングは同じですが、②は走り込んできた③にパスし、③はヒールで後ろに流して、キッカーの②が③の背後から回り込んでボールを受ける。②はダイレクトで相手の前に入ってきたピヴォの⑤に当て、⑤は④に落としてシュートを打たせるか、自分で振り向いてシュートを打つかは判断となります。シュート力のある選手がいるときは、点が決まりやすいセットプレーです。最初のポジショニングとして、ゴール前に1人、左サイドに1人、真ん中に1人。真ん中(③) の選手がシューターになります。相手がゾーンの場合②がチョンとボールを出したところをダイレクトもしくは1回触ってからシュートするというシンプルなもの。シュートを打っときはファーサイドを狙って、ゴール前の⑤が押し込んだり、こぼれ球を狙ってプレーをすることも大事です。マンツーマンなら③がシュートを打つと見せかけてヒールパスを出して、そこからピヴォ当てをして崩すというもの。シンプル故こそ、相手に警戒されやすいので、シューターが直接打っておいて、シュートが読まれたら別のパターンを使うと効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です