フットサルと慣性の力を利用したプレイ

フットサルでのプレイで、案外気づかない人が多いポイントの中で重要と言えるのは走る力や、止まる力を利用したプレイであるという風に言えるかもしれません。特に、ゴール前などでは、トップスピードで走ったその勢いを利用して、相手をかわし、そのままボウルの内側などをインサイドキックなどで蹴るというよりも押し出すようなイメージでシュートすることができれば、力強くゴールを決めることができるという風に言えるわけです。うまくゴールを決めるためには、足の力だけではなく、体を動かした際に生じる力をうまく利用することが重要であるという風に言えるでしょう、これは、決してボールをキープしている時だけに有効と言える話ではなく、ボールをキープしていない時でも相手から飛んでくるボールがどこに来るかを予測したり味方から来るパスがどこにくるかを予測してそこに自分が加速して近づいていき、その力を利用することができるというような空間把握的な能力を向上させておくこともフットサルでは重要だと言えるわけです。サッカーではこのような体の力というよりも、蹴る力が重要であるという風に言われることが多いわけですがフットサルの場合にはコートが非常に狭いということもあるため、自分自身が加速した力をそのままうまく利用することができれば非常に有効にゴールを狙うことができるという風に言えるわけです。スピーディーな展開が多いという風に言われるフットサルにおいてはこのようにしてうまくゲームをコントロールするといいという風に言われるとわけです。スピードを保って正確に出すためにはアウトサイドキックなども有効でスライディングをするような、フォームから繰り出すことが出来れば相手の意表を突き味方を有利な状況に持って行きやすいという風にも言えるでしょう。