正面・第2PK付近からのFK

正面・第2PK付近からのフリーキックがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、右の開いた位置に④、左斜め前に③、ゴール前に⑤が立ちます。そこで②がこちら側を向いている③にグラウンダーのパスを行います。ボールが出たのをきっかけに⑤がゴール前から左側に移動し、③を呼んでパスを要求します。③はダイレクトでヒールパスをし、最後に左サイドでフリーになった⑤がシュートとなります。④はファーに詰めます。ゴール正面でのフリーキックでまず狙いたいのはシュートです。壁と壁の間を通ることもあるので、直接狙うことを第一選択肢としてイメージしておきましょう。ただし、サッカーのように直接フリーキックがそのまま決まることは少ないので、トリックプレーもレパートリーとして持っておきたいところです。ここではキッカーの前に敵③と敵⑤が立っていて、敵④と敵②もシュートコースを消しています。敵④と敵②は③と④のマークでもあるので、狙うとすればゴール前の⑤の選手へのパスです。リスタートする瞬間、⑤はゴール前から左サイドのスペースに移動します。ゴレイロはフリーキックで直接打たれる可能性があるので、ペナルティーエリアを飛び出して⑤についていくわけにはいきません。②はフリーキックで③にパスをし、③はヒールで後ろに流して、左サイドの⑤に渡します。それにより⑤はフリーの状態で楽々シュートを打つことができます。