シューズの選び方

フットサルをするのにトレーニングシューズならどれでもいいかと言うと、とんでもありません。フットサルにもプレーするのに適したシューズが製作されています。またピッチによっては使用できないシューズがあり、折角持って行ったシューズが使用できないということもあります。フットサルに適したシューズを使うことにより、プレーのパフォーマンス向上、ケガやトラブル予防にもつながります。フットサルに適したシューズとして、「屋内用」と「屋外用」の2種類があります。「屋内用」は、体育館などで使用するシューズで、靴底が薄茶色となっているもので、靴底がこすれて体育館の床に付着して目立たないようにするためです。

また、靴底に凹凸がなく柔軟性ある構造になっており、床でのスリップが少なく、靴底でのボールコントロールが容易なものとなっています。「屋外用」は、人工芝等屋外コートで使われるもので、トレーニングシューズと普通呼ばれているものです。特徴は、「屋内用」シューズとは違い、靴底にボツボツの凹凸がある点です。人工芝でも滑り難いうえ、グリップ力を備えたもので、俊敏なターン動作などがスムーズに行うことができるもので、降雨時のコートでもスリップを防ぐものです。ただし、屋内の体育館などでは使用を禁止されていますので気を付けて下さい。

hatbowls 初心者フットサルプレイヤーのための情報サイト のTOPへ戻る