マルチプレーヤーを育てる

フットサルは、サッカーから比較するとピッチが狭いので選手たちの運動力も少ないのかと思っていらっしゃる方も少なくないようです。フットサルの選手たちは、ピッチが狭い分、常にボールと格闘しているようなゲームを展開していきますので、体力の消耗の激しいスポーツであると言われております。

そのため試合中に選手たちはフル出場することはむずかしく、控えの選手との交代は当たり前のように行われます。控えの選手たちにもゲームに参加する機会が増えるため、チーム全体の選手たちの技術が試合の度に向上できるとも考えられております。

どの試合においても控えの選手たちも含めて、ボールに触れることができるのでプレーできる喜びをチーム全体で分かち合うことができる利点があります。

常にボールが目の前にあるゲーム展開のなかで、選手たちは置かれたポジションのためだけの働きをするのではなく、ドリブル、パス、シュートなどにおいて、攻め守りのマルチプレーヤーになる必要があるとも言われています。

サッカーのゲーム展開のスピードから比較すると、様々な経験をより積み重ねることができる点が子どもたちの人気を引き付けているようです。