フットサル「動いているボールに慣れよう」

フットサルの練習のなかで陥りやすいのが、静止したボールをけることに慣れてしまって、せっかくの練習が、本番で活かされないということもあるようなのです。

練習中に静止しているボールは簡単にキックできても、チームメイトからパスされてくる動いているボールをキックすることはそう簡単なことではないようです。

実際に試合中は、静止しているボールを蹴ることは、ほとんどないはずです。練習でも動いているボールを蹴ることで、試合本番でのパスの正確さの精密度につながってくるでしょう。

基礎練習を重ねるごとに、正確なパスへのボールタッチが身に付いていくはずです。練習は数をこなすことも大切ですが、自分の段階に沿って的を得た練習方法を編み出すことも大切なポイントとなるでしょう。