パス回し一つとってもお互いの工夫が大事

フットサルの実戦では、パスひとつとっても動きのなかで行うのが効果的とよく言われていますが、さらに緩急をおりまぜたプレーができるとより効果的とされています。

たとえば、パスを受けるときもいきなり空きスペースめがけて突進しては、相手にすぐさとられてしまい、場合によってはパスカットされるなど、折角のチャンスをつぶしかねません。

こんなときは、相手に悟られないようあえて逆方向へ動いてみたり、逆にじっと動きをとめてみたりと工夫しながら、まさにピンポイントで受けられそうなタイミングで空きスペースへ走り込んで受けるぐらいがベストです。

パスを出す方でも、パスカットされないよう、少し高めのパスを出すなど考えてプレーしないと、相手チームが強くなるほどパスひとつでも簡単には通らないということを強く意識しながらプレーする必要があります。