admin のすべての投稿

インプレーのように攻める

高い位置のキックインであれば、どのチームもゴールを狙うという意識でプレーすると思います。ところが位置がハーフ辺りまで下がると途端にゴールを狙う意識が薄れて、短いパスを味方に繋ぐだけ…というチームはよく見かけます。しかし、ハーフ付近のキックインは相手の警戒心も高い位置に比べ弱くなっているので、実は仕掛けどころでもあります。

右サイド、ハーフ付近のキックインの場合、ピヴォの位置に一人、キッカーと同じ高さに横並びに2人がポジションをとります。

キッカーからのパスを隣の選手はスルーをし、そのままゴール前右側のスペースに走り込みます。その際、ピヴォの位置に居た選手はボールに合わせて左に流れ、マークを引きつけます。すると、左サイドでボールを受けた選手からゴール前に走り込んだ選手に斜めのパスコースが空くので、ダイレクトでフィニッシュまで持ち込みましょう。

敵の寄せが速く、最初のキッカーからのパスをスルーできないと思ったら、真ん中の選手はキッカーに対しリターンでパスを返し、そのボールをピヴォの足下につけましょう。空いたスペースに他の選手が走り込み、ピヴォの落としをシュートという流れも考えておきましょう。

キッカーの隣の選手はリターンをするのか、スルーをするのか判断を状況に応じて行いましょう。

エル

劇的アドバイス➡3人のタイミングを合わせるのが命!!

一つひとつのプレーを丁寧にやろう

これは 3人が絡んだ攻撃パターンで、Lの字を描くように動くことから、「エル」と呼ばれます。一つ自のポイン 卜は②が④にポールを預けてから、 L字に走るところ。スピ一ドを上げ過ぎると、ボールを持った選手との距離が近くなり過ぎて、シュー卜を打ちづらくなってしまいます。パスを出した後にー呼吸置いてからスター卜するぐらいでちょうどいいと思います。2つ目のポイントは、選手が走り込んできたところに落とすところ。ボールを落とすプレーが基本ですが、マーカーが選手へのパスを読んできたら自分で反転してシュー卜を狙っても OKです 。また、 選手はパスを縦に当てたら中に走り込んで、選手と選手からのシュートパスをファーで詰めることをサボらないで行って下さい。3人のコンビネーションが大事になるので、練習や試合前に確認しておきましょう。

シチュエーション ワンツーの止め方を教えて!!

劇的アドバイス➡大事なのは〝視野″ボールより人を見る。

■ワンツーの対処法 ワンツーをする前のスタート 底にいる敵から右サイドに開いた敵にパスが出る。 逆サイドの敵が真ん中のスペースに入ってくる 。

×ワンツーをされてしまうパターン

敵が真ん中のスペースに入った敵にパスを出したとき、 ①がボールだけを見るとワンーをされてしまう 。

ワンツーを止めるために大事なのは“視野”です。サイドの相手選手が中にパスを出したとき、マーカーは横に移動するポールに気をとられてしまいがちです。この間にサイドの:選手に裏を取られてポールを通されるとワンツーをされてしまいます。サイドの選手が真ん中にボールを出して、ワンツーをしてきそうなときは、ポールよりも人を見ることが大事です。ボールは横目でとらえながら 、縦に走るマーカーをつかまえます。 リタ ンパスのコースに入っておけば、パスカッ卜からのカウンターを狙えます。相手はワンツーで前に出ようとしているので、得点のチャンスです。もしも、ワンツーをされてしまったときは、真ん中の選手は自分のマーク を捨てて、裏に抜けてきた選手がフリーでプレーできないようにします。フットサルではワンツーは有効な戦術なので、止め方も覚えておきましょう。

自己管理

日々の練習、試合に臨む前段階として、自分でできることは最低限の項目としてきちんと準備し、チーム全体の活動に合流するようにしよう。

栄養、日々の練習、試合をきちんとこなすとなれば、かなりのエネルギーが必要となる。毎日の食事をバランスょくしっかり摂って、栄養管理を行なうこと。足りない部分はサプリメントを活用するなどして、万全を期して臨みたい。心技体がそろってこそー涜謹手を目指せるのだ。体調管理、練習、試合の前に、自分の体調が万全かどうかをチェック。コンディションが悪いのであれば、それでもチームに参加できるのか否か、判断を自分で行えるようになろう。ケガへのケア軽いケガを抱えながらもプレーできる選手、あるいはケガの予防が欠かせない選手などは、テーピングなどの処置を、チームの活動の前に必ず行なっておく。用具へのケアはケガの防止の観点からも重要だ。シューズのとモはきちんと結び、すね当ても装着した状態にして、チームの活動に入るようにしたい。

ドリフラ ーとのマ ッチア ップ

ドリフラ ーとのマ ッチア ップでは、直接マ ークする選手よりも、カバーリングをする選手がカギです。 1対 1で抜かれるときなど自分のマークに注意を払いながら 、味方がかわされてもすぐに助けにいける準備をしておきます。素早くカバーしてプレーを遅らせて、味方が戻る時間を作る。 1人が下がることで全体的に押し込まれてしまいます。ボールへのプレ ッシャーは 初心者のチームでは 2人で挟みにし、し っかり寄せて、他の選手がカバーするのが鉄則です。