admin のすべての投稿

正面・第2PK付近からのFK

正面・第2PK付近からのフリーキックがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、右の開いた位置に④、左斜め前に③、ゴール前に⑤が立ちます。そこで②がこちら側を向いている③にグラウンダーのパスを行います。ボールが出たのをきっかけに⑤がゴール前から左側に移動し、③を呼んでパスを要求します。③はダイレクトでヒールパスをし、最後に左サイドでフリーになった⑤がシュートとなります。④はファーに詰めます。ゴール正面でのフリーキックでまず狙いたいのはシュートです。壁と壁の間を通ることもあるので、直接狙うことを第一選択肢としてイメージしておきましょう。ただし、サッカーのように直接フリーキックがそのまま決まることは少ないので、トリックプレーもレパートリーとして持っておきたいところです。ここではキッカーの前に敵③と敵⑤が立っていて、敵④と敵②もシュートコースを消しています。敵④と敵②は③と④のマークでもあるので、狙うとすればゴール前の⑤の選手へのパスです。リスタートする瞬間、⑤はゴール前から左サイドのスペースに移動します。ゴレイロはフリーキックで直接打たれる可能性があるので、ペナルティーエリアを飛び出して⑤についていくわけにはいきません。②はフリーキックで③にパスをし、③はヒールで後ろに流して、左サイドの⑤に渡します。それにより⑤はフリーの状態で楽々シュートを打つことができます。

フットサルと慣性の力を利用したプレイ

フットサルでのプレイで、案外気づかない人が多いポイントの中で重要と言えるのは走る力や、止まる力を利用したプレイであるという風に言えるかもしれません。特に、ゴール前などでは、トップスピードで走ったその勢いを利用して、相手をかわし、そのままボウルの内側などをインサイドキックなどで蹴るというよりも押し出すようなイメージでシュートすることができれば、力強くゴールを決めることができるという風に言えるわけです。うまくゴールを決めるためには、足の力だけではなく、体を動かした際に生じる力をうまく利用することが重要であるという風に言えるでしょう、これは、決してボールをキープしている時だけに有効と言える話ではなく、ボールをキープしていない時でも相手から飛んでくるボールがどこに来るかを予測したり味方から来るパスがどこにくるかを予測してそこに自分が加速して近づいていき、その力を利用することができるというような空間把握的な能力を向上させておくこともフットサルでは重要だと言えるわけです。サッカーではこのような体の力というよりも、蹴る力が重要であるという風に言われることが多いわけですがフットサルの場合にはコートが非常に狭いということもあるため、自分自身が加速した力をそのままうまく利用することができれば非常に有効にゴールを狙うことができるという風に言えるわけです。スピーディーな展開が多いという風に言われるフットサルにおいてはこのようにしてうまくゲームをコントロールするといいという風に言われるとわけです。スピードを保って正確に出すためにはアウトサイドキックなども有効でスライディングをするような、フォームから繰り出すことが出来れば相手の意表を突き味方を有利な状況に持って行きやすいという風にも言えるでしょう。

フットサルと慣性の力を利用したプレイ

フットサルでのプレイで、案外気づかない人が多いポイントの中で重要と言えるのは走る力や、止まる力を利用したプレイであるという風に言えるかもしれません。特に、ゴール前などでは、トップスピードで走ったその勢いを利用して、相手をかわし、そのままボウルの内側などをインサイドキックなどで蹴るというよりも押し出すようなイメージでシュートすることができれば、力強くゴールを決めることができるという風に言えるわけです。うまくゴールを決めるためには、足の力だけではなく、体を動かした際に生じる力をうまく利用することが重要であるという風に言えるでしょう、これは、決してボールをキープしている時だけに有効と言える話ではなく、ボールをキープしていない時でも相手から飛んでくるボールがどこに来るかを予測したり味方から来るパスがどこにくるかを予測してそこに自分が加速して近づいていき、その力を利用することができるというような空間把握的な能力を向上させておくこともフットサルでは重要だと言えるわけです。サッカーではこのような体の力というよりも、蹴る力が重要であるという風に言われることが多いわけですがフットサルの場合にはコートが非常に狭いということもあるため、自分自身が加速した力をそのままうまく利用することができれば非常に有効にゴールを狙うことができるという風に言えるわけです。スピーディーな展開が多いという風に言われるフットサルにおいてはこのようにしてうまくゲームをコントロールするといいという風に言われるとわけです。スピードを保って正確に出すためにはアウトサイドキックなども有効でスライディングをするような、フォームから繰り出すことが出来れば相手の意表を突き味方を有利な状況に持って行きやすいという風にも言えるでしょう。

右サイド高位置からのキックイン

右サイド高い位置からのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。相手がゾーンの場合、ポジショニングは、③がキッカーの斜め後ろ、④は左サイドの奥、⑤はゴール前に立ちます。そして、③が動き出します。②は③の走り込むタイミングに合わせてマイナスに軽く出す。これを③がダイレクトでシュー卜。③が動きだす。②は③の走り込むタイミングに合わせてマイナスに軽く出す。これを③が足裏でトラップして敵⑤をかわしシュート。マンツーマンの場合は、最初のポジショニングは同じですが、②は走り込んできた③にパスし、③はヒールで後ろに流して、キッカーの②が③の背後から回り込んでボールを受ける。②はダイレクトで相手の前に入ってきたピヴォの⑤に当て、⑤は④に落としてシュートを打たせるか、自分で振り向いてシュートを打つかは判断となります。シュート力のある選手がいるときは、点が決まりやすいセットプレーです。最初のポジショニングとして、ゴール前に1人、左サイドに1人、真ん中に1人。真ん中(③) の選手がシューターになります。相手がゾーンの場合②がチョンとボールを出したところをダイレクトもしくは1回触ってからシュートするというシンプルなもの。シュートを打っときはファーサイドを狙って、ゴール前の⑤が押し込んだり、こぼれ球を狙ってプレーをすることも大事です。マンツーマンなら③がシュートを打つと見せかけてヒールパスを出して、そこからピヴォ当てをして崩すというもの。シンプル故こそ、相手に警戒されやすいので、シューターが直接打っておいて、シュートが読まれたら別のパターンを使うと効果的です。

ターンでの相手のかわしかた

フットサルでも、サッカーでもかっこいい技術としてあげられることが多いのがボールをキープした状態で相手が来た場合にターンをして交わすというような場面かもしれません。実際非常に難しい技術が要求されるという風に、はためか等は見えそうですが非常にシンプルで軸足を動かさないようにして利き足の足でボールをキープしたまま転がすだけで相手を抜き去ることができます。フットサルやサッカーでは相手がどのように体重移動したかということを見てから、本気出す場合が多いためターンのような体重移動が読めないような動きに関しては、相手がついてこれない場合も多いわけです。特に、フットサルでもトップスピードを出してドリブルしていた場合などに利き足できちんとボールを止めてターンすることができるはずで、複数の相手がついていたとしても、上手くかわすことができるという風に入れるわけです。重要なのは、ターンする際にキープしているボールの前に効き足を置いておいて足を軸にして改善していくというような基本を守ることが重要であるという風に言えるでしょう。そして、相手と体が上手く入れ替わるように素早く方向転換をするということもポイントである、という風に言えるのではないでしょうか。このようなフェイントとも言える動作は、フットサルでは、特に重要度を増しているという風に言ってよくサッカーなどのように相手と相手が離れている場合には、フェイントなどが重要な場面はそれほど多くはないというふうに言えるわけですが、基本的にはフットサルの場合には相手が近いことが多いため、常にボールをキープしてフェイントをいつかけるか、というような風に考えておかなければいけない点は、難しいところであるという風に言えるかもしれませんね。

ドリブルによる攻撃

ドリブルのうまい選手がいれば、チームにとって大きな武器になりますが、ワンデイ大会で時折見受けられるのが、自陣内攻撃開始早々から1人でドリブルして行ったり、相手が集中するところへ無理にドリブルでボールを持ち込んだり、といった無茶なドリブラーがいることです。ドリブルのうまい選手を本当に生かすには、周りの選手が勝負しやすい状況を作ってあげることが大事です。例えば、右サイドからのドリブルがうまい選手であれば、“左サイドで攻撃するぞ”と見せかけて、相手マークを左サイドに集めておき適当なタイミングで右サイドのそのプレーヤーにパスするといった具合です。右サイドはマークが薄くなっているので、ドリブルで仕掛けるスペースがたっぷり確保され、ドリブルを得意とするプレーヤーにとっては、“待ってました”という状況になります。当然相手マークも出遅れているので、ドリブルで前線へ持ち込んでいくことが可能となります。ドリブルは攻撃の重要な一要素ではありますが、無理して相手陣内に突っ込んでいった場合にボールを奪われた時は一気に窮地に陥るというリスクを負っているということも忘れてはいけません。チーム全体でリスクを減らせるよう協力していくことが大事です。初心者はドリブルというと、1対1で止まってフェイン卜を使って仕掛けるというイメージが持ちがちですが、ボールを足元に止めてから仕掛けるのは、マークしている相手プレーヤーよりも上級でなければうまくいきませんし、スピーディな攻撃パターンを遅らせてしまうことにもなるので好ましいことではありません。ドリブル突破率を劇的に上げるテクニックが、ファーストトラップでボールを動かすこと。例えば、縦に突破したいときはボールが来る前の予備動作で中に体を向けておき、相手が中にドリブルすると読んで寄せてきたところで、ファーストタッチで縦にボールを転がします。これだけでドリブルでの突破効果絶大です。トラップで相手をかわすことができれば攻撃のスピードを止めず、難しい技術も必要としません。ボールを動かしながらプレーすることを、常日頃心掛けておきましょう。

ボールを受ける際の考え方と行動

ボールを受ける際には、きちんとボールを押し出すイメージを持ち続ける事が重要で、蹴り終わった後には、足が踏み込んでいる状態にリリースされることが重要であるという風に言えるでしょう。そして、何よりもボールを事前にキープしておいた際に、パスをする際やシュートをする際に、味方に一瞥をして一体どのような状況になっているかという空間把握をしておくことが何よりも重要であるというふうに考えられるわけです。フットサルではサッカーよりも距離が短いため、パスやシュートが簡単であるという風に言われることが多いわけですが、決してそのようなことはなく、非常に細かなシュート精度が要求されるという意味ではむしろ難しい部分の方が多いという風に言えるのではないかと考えられます。そして、パスをする際などには、どんなに相手が迫っていたり、知り合いの時でも軸足をボールのすぐそばに置いておくことが重要だと言えます。このようにしておくと、相手にパスをする方向を悟られにくいだけではなく、十分に力を伝えてパスをすることができるからだと言われているわけです。軸足がボールの後ろにある場合だと、体の力を十分に伝えられないほか、上半身が仰け反ってしまうため、安定してパスを行うことができません。一方で軸足の1がボールよりも前にある場合だと前かがみになってしまいますし、十分にボールをコントロールするだけの判断ができなくなってしまうということになるわけです。このように下半身の姿勢や、下半身の使い方または軸足をどこに置くかという位置について言えば、サッカーよりも非常に厳密に考えなければならないということは確かに言えるかもしれませんね。

フットサルの練習の仕方と応用

フットサルだけではなく、スポーツ全般に言えることですが、練習のための練習をするのではなく、実践でどのように役に立つかということを考えながら、常に練習することが重要であるというふうに言えるわけです。常に、実戦形式のゲーム練習を想像しながら練習するということが上達するための最も基本であるという風に考えていいかもしれません。しかし一口に実践という風に言っても漠然としすぎているという風で、抽象的にこのようなイメージをして臨むことはあまり意味はなく、自分自身がどのポジションでどのような役割を果たすのかということを常に意識して考えながらプレーすることが求められているというふうに言えるわけです。実際のところ、フットサルのプロ選手でも普段の練習というのは地味なように移るという風にも聞いたことがあるような気がしますが、地味なように写っている練習であっても堅実に反復練習していくことで効果が生まれてくるというのが基礎練習であるという風に言えるでしょう。このような意味では体力付けのために走り込みをしたりシュートの練習をしたり相手を抜き去るようなミニゲーム練習をしたりするなどして基礎的な判断力や体力筋力などを上げるということもポイントである、という風に言えるのではないかと考えられます。実際のところ社会人になってからフットサルを始めたり健康のためにフットサルを始めたりという人にとっては機敏に動くことが過酷に感じることもあるかもしれません。そのような場合にはまず第一にきちんとトレーニングをするというのも候補に入れてみてもいいのではないでしょうか。フットサルは厳しいスポーツではないかもしれませんが、怪我をしないようにするというのも一つ考えておく必要があるでしょう。

フットサルの主なルール

ここではフットサルの主なルールを見ていきましょう。
なおルールはJFFなどによって随時改正されているほか、大会などによっては独自のルールが定められることもあります。
大会に参加する場合、どのようなルールが適用されているのかを、しっかり確認することにしましょう。

・4秒ルール
キックイン、クリアランス、コーナーキック、フリーキックを行う場合、ボールを触ってから4秒以内に行わなければならないというルールをさしています。

・5mルール
守備を行っているチームのプレーヤーは、キックイン、コーナーキック、フリーキック、PKを行う地点から5m以上離れた場所にいなければならないというルールをさしています。

・退場について
反則行為を行い退場とされたプレーヤーは、そのゲームに復帰したり、ベンチで待機したりすることを禁止されています。
またプレーヤー退場後に2分が経過するか、もしくは退場後に点を取られた際に補充が可能となっています。

・交代について
サッカーと違って交代の回数に制限は設けられておらず、何度でも交代ゾーンからプレーヤーを交代させることができます。

・スライディングについて
パスコースやシュートコースへのスライディングはルール上問題ありませんが、ボールを持っているプレーヤーへ直接スライディングで体当たりすることは禁止となっています。

インプレーのように攻める

高い位置のキックインであれば、どのチームもゴールを狙うという意識でプレーすると思います。ところが位置がハーフ辺りまで下がると途端にゴールを狙う意識が薄れて、短いパスを味方に繋ぐだけ…というチームはよく見かけます。しかし、ハーフ付近のキックインは相手の警戒心も高い位置に比べ弱くなっているので、実は仕掛けどころでもあります。

右サイド、ハーフ付近のキックインの場合、ピヴォの位置に一人、キッカーと同じ高さに横並びに2人がポジションをとります。

キッカーからのパスを隣の選手はスルーをし、そのままゴール前右側のスペースに走り込みます。その際、ピヴォの位置に居た選手はボールに合わせて左に流れ、マークを引きつけます。すると、左サイドでボールを受けた選手からゴール前に走り込んだ選手に斜めのパスコースが空くので、ダイレクトでフィニッシュまで持ち込みましょう。

敵の寄せが速く、最初のキッカーからのパスをスルーできないと思ったら、真ん中の選手はキッカーに対しリターンでパスを返し、そのボールをピヴォの足下につけましょう。空いたスペースに他の選手が走り込み、ピヴォの落としをシュートという流れも考えておきましょう。

キッカーの隣の選手はリターンをするのか、スルーをするのか判断を状況に応じて行いましょう。